書きかけメールの誤送信でトラブル


書きかけメールの誤送信でトラブル

【状況】

メール作成中にも関わらず、他のお客様よりメールを受信したのでそちらへの対応を優先してしまった。

 

その結果無意識のままに書きかけメールのほうの送信ボタンを押し誤送信。先方から連絡をもらって初めてその事実に気付いた。

【誤送信 危険度】(2/5)

危険度レベル2

対応策 ひとこと

メール1通入魂+事後削除できるのがベスト

 

1通のメールでも油断は禁物です。

うっかりミスが売上に多大なる影響を及ぼすことも少なくはありません。

 

送信者のメール意識向上と合わせて、メール送信をキャンセルできるシステムの導入を推奨します。

メール誤送信 具体策

【ソリューション編】
メール誤送信を防ぐためには、
どのようなシステムを用意すべきか?
【あるある編】
実際にはどのような
誤送信事故が起きているのか?

(止める)
送信メール一旦保留・削除機能
(見る)
添付ファイル内の特定文字を監視
(守る)
メールを証拠として、保存・検索できる仕組み
(止める)
社内宛てメールをお客様に送ってしまった
(見る)
BCCに上長を入れるのを忘れた
(守る)
パスワードを付け忘れて機密情報が・・

Google Apps関連 特設コンテンツ

【メール誤送信対策特集】
Google Appsのメール誤送信対策の現状や
傾向をまとめたコンテンツ

【メール誤送信対策ソリューション】
Google Apps専用の
クラウド型メール誤送信対策ソリューション



具体策ZONE
誤送信とはZONE
ケーススタディZONE