社外宛先混入チェック


ソリューション概要

社外宛のメールアドレスが含まれているにも関わらず、社内宛のメールだと勘違いしないよう誤送信が起きる前に「止める」ことのできるソリューションです。

 

複数の宛先があり、なおかつパッと見たところ自社のドメインしかない場合、てっきり社内宛のメールだと勘違いしがちです。

 

このルールを利用すると、万が一社外宛のメールアドレスが混入していた場合でも、メールを保留するといった利用ができるようになります。

導入イメージ図

導入図

 

メール誤送信 具体策

【ソリューション編】
メール誤送信を防ぐためには、
どのようなシステムを用意すべきか?
【あるある編】
実際にはどのような
誤送信事故が起きているのか?

(止める)
送信メール一旦保留・削除機能
(見る)
添付ファイル内の特定文字を監視
(守る)
メールを証拠として、保存・検索できる仕組み
(止める)
社内宛てメールをお客様に送ってしまった
(見る)
BCCに上長を入れるのを忘れた
(守る)
パスワードを付け忘れて機密情報が・・

Google Apps関連 特設コンテンツ

【メール誤送信対策特集】
Google Appsのメール誤送信対策の現状や
傾向をまとめたコンテンツ

【メール誤送信対策ソリューション】
Google Apps専用の
クラウド型メール誤送信対策ソリューション



具体策ZONE
誤送信とはZONE
ケーススタディZONE